単身赴任をするときは物件選びが大事なカギ

単身赴任をするときは物件選びが大事なカギ

空室

家具家電付き物件を探す

単身赴任は家族との別れが辛いですが、住む物件を探さなければいけません。長期や短期に関わらず、いずれは戻ることが前提です。そのため、家具付きの物件を探しましょう。東京に住んでいて、赴任先が大阪になった場合でも、自宅のものを送る手間がなくなります。

室内

利便性を考える

赴任先は知らない土地がほとんどです。物件を選ぶときは利便性も重視しましょう。通勤の便利さだけでなく、近くにスーパーや病院があるかどうかも重要なポイントです。時間がある時に現地に確認しに行くと良いでしょう。

マンション

食事付き物件で健康管理を

赴任先での生活が始まると、気をつけなければいけないのが健康管理です。運動や睡眠も大事ですが、一番は食事です。最近では食事がついている物件も増えているようです。そのため、料理に自信のない人でも安心して生活できます。また、もっと家賃を安く抑えて広い所に住みたいという場合には、シェアハウスという手もあります。メリットやデメリットを知って役立てて下さい。

シェアハウスのメリットとデメリット

費用が安くて助け合いもできる

シェアハウスは何人かと一緒に生活をします。風呂やトイレ、リビングは共有な所が多いです。しかし、家具家電付きで、光熱費代とインターネット代が家賃に組み込まれていたりします。費用が安く抑えられ、常に人がいるので困ったときは助け合いができます。都会的な新宿でもおすすめです。

人間関係が難しい

複数人との共同生活なので、やはり苦手な人と一緒になることもあります。入居するときは、様々なタイプの人がいるという意識を持つことが大事です。また、共同生活だとあまり開放的に過ごせません。常に人との関わりがあるので、自分のペースでダラダラしたい人には厳しいでしょう。

広告募集中